りんごの量感画を描くクリニカル(臨床)アート

『りんごの量感画を描く』クリニカルアートを開催しました。

クリニカルアートは
五感をしっかり確認して描きます。

今回は、りんごですが、はじまる前に
並べてあるりんごを見て、
ご自身が描きたい、気になる、
なんとなく出会いがある
りんごを各自が1つ選びます。

そして、
その重さや匂いや手触りをしっかりと感じてあげます。

今日は、2種類のりんごを用意したので、
他の人のりんごと交換して先ほどと
どう違うのかを
体験しました。

これだけでは、視覚、臭覚、体感覚だけです。
今日は、私を含めて4人でしたので、
残っていた1個を
目の前で、切り分けました。

そこに飛び込んでくるのは、
りんごを切った時の音

そして、実際に食べました

そうなんです。
ここで聴覚味覚体験したのです。

五感が揃ったところで作品作りです。

オイルパステルというクレヨンよりも
柔らかいパステルで

一般の描き方とちがう方法で
実際に描きました。

 

集中というか熱中して描いたので
時間があっという間に過ぎていきました。

それぞれの作品を
仕上げて(構成もして)
展覧会をしました。

今日ご参加されて方は、
絵を描くことに関係されている方でしたが、
通常の描き方でないことに
ちょっと驚かれていました。

クリニカルアートの特徴の1つは
身近にあるものを題材にしていることです。

今日は、りんごでしたが
季節のお野菜や花も使います。

絵心が必要かというと
そうではないのです。

しっかりと観察してあげることです。
私自身は美術を専攻したわけではありません。

このクリニカルアートの中の
手軽さ楽しさ
実感していただける
サポートができればと思っています。

ですので、体験したい方は
どうぞ気軽にご連絡ください。

ブログをメールでフォロー

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

藤川とも子のMINDMAP & NLP 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Tony Buzan公認シニアインストラクター 【マインドマップ(TBLI/BLI/TLI)】【メモリー(TBMLD/TMLI)】【スピードリーディング(TBSLI/TSLI)】 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、 家族相談士、教育カウンセラー、財団法人関西カウンセリングセンター、上級心理臨床カウンセラー、 米国NLP協会™認定トレーナー(創始者の2人よりトレーナー資格を授与)、 米国NLP協会™認定NLPコーチ、 ニューコードNLPトレーナー&コーチ 米国ソサエティオブNLP認定プロビジョナルトレーナー、 コア・トランスフォーメーション プロビジョナル・トレーナー、 LAB Profile 認定コンサルタント&トレーナー (2010年日本で、トレーナーコースが開催された際、コーチとして参加)、(Shelle Rose Charvet "Words that change mind(影響言語で人を動かす)") 、ABH米国催眠療法協会認定トレーナー、 臨床美術士、 日本パステルホープアート協会認定(正)インストラクター、 ライブ講師