アクティブチャート

ACTIVE CHART

ction(実行/活動)
reative(創造する)
ool(道具)
 Imagination(想像力)
ision(洞察力)
 Event(出来事)
 Communication  Hospitality  Art  Resource Together

上記の思いをこめた内容をお伝えします。
人生の質はコミュニケーションの質に深く影響しています。
それぞれの現場で使え、何よりもあなた自身がより良い時間を過ごし、楽しめることに力点を置いています。

大きな柱は、コミュニケーション感性脳力のリソースを確認しまだ気づきを増幅することです。

『脳がよろこぶ コミュニケーションセミナー』

イメージ図

7つのパートから学びます。

パート1:コミュニケーションで得たいこと
どのようにコミュニケーション力を高め、習慣化するのか
パート2:五感ってどんなこと
見る、聞く、感じる、匂う、味わうという機能で情報を受け取る基本を学ぶ
パート3:位置関係を知ろう
自分、相手、観察する人の位置に立つことで、気持ち・考え方を理解する。
パート4:情報収集をしよう
相手を観察することで、相手の状態や気持ちの変化を読み取る
パート5:時間軸を体験しよう
未来、現在、過去の時間軸の概念を認識することで、願望実現のメカニズムを体験
パート6:状態をキャッチしよう
見ること、聞くこと、感じることを使った相手の状態を認識し、状態にあったコミュニケーションの仕方を学ぶ
パート7:プレゼンテーションの味方を得よう
緊張して能力が発揮出来ない場面などで、有能な自分を引き出す方法を体験

このセミナーで得られること
・相手や自分への新しい発見や見方、気づきが得られます。
・相手の気持ちがわかるようになります。
・言葉以外のコミュニケーションの視点を持つことが出来ます。
・感覚が鋭敏になり、自分の気持ちや状態が良くわかるようになります。
・積極的に自然なコミュニケーションがとれるようになります。

『脳がよろこぶ コミュニケーション』セミナーのお申込みはこちらから

『ARTで五感を楽しむセミナー』

「見ること」「聞くこと」「触れること」「味わうこと」「香ること」これら5つを様々な方法で体験します。
個人と個人以外で楽しみながら可能性を開いていきます。
・様々な画材を使います
・身近にあるものをリソースに様々な体験をします
・五感をより豊かに鋭敏であることを体感します

このセミナーで得られること
・自身の感情がどの様に変化しているのかがわかる
・感覚が鋭敏になって、自分自身の状態を知ることが出来ると同時に自分以外の人の状態も知ることができる
・ゆったりとした本来の自分ベースが維持できるようになる

『脳力を高めるセミナー』

脳の可能性を活用しながらプレゼンテーション力(ツール、表現、つかみ)に幅をつけることをいたします。
・ツールとしてアイスブレイクのGAMEと扱い方
・表現としての時間軸について
・つかみとしてゲームやパワーポイント

このセミナーで得られること
・左脳も右脳も両方使う全脳を体感できる
・自分が楽しむと同時に他の人を楽しみに巻き込むことができるようになる
・時間の管理がしっかりできる
・マインドマップの活用を確認することができる

『算数楽ルーム』(太陽のように暖かく数を楽しむ)

こちらは、算数や数学を楽しんで日常に取り入れていただくことを提供いたします。
音の響きから『太陽のように暖かく数を楽しむ』ルームです。

私自身は、もともと数学と算数を教えることを生業としていました。
その中で、どうすればもっと楽しく本来の脳力を発揮できるのか。
そんなことが、ベースで、現場にいる頃から教授法や学習心理学やNLPやマインドマップやアートに出会ってきました。

中学生に「数学って、大人になったら使わないんじゃない。入試に必要だからがんばって勉強するけどね」って言われました。
高校生には、「受験で必要ないし、それなくっても生きていけるやん」
なんていわれたこともありました。
その一方で、「数学って芸術的!規則性が面白い」という生徒も少数ですがいました。

確かに、学生時代に学んだ微分や積分が日常に使われているのか。といわれるとまれであると思います。四則の計算さえも電卓があれば出来る状況でしょう。
1a(アール)や1ha(ヘクタール)がなんだったかなど記憶のかなたかも知れませんね。

しかし、論理的に考えたり、様々な情報を整理したりする時には、数学のエッセンスが使われています。また空間的な感覚、量感をとられることなども算数や数学的な要素が担っています。

強いて勉めてする『勉強』ではなく、学び発見するということにスポットをあてて体験していただくことをご提供します。

『糸掛けマンダラ』を見られたことがありますか。
https://www.facebook.com/events/110190102995386/

(セミナールームでは手前の部屋の道路側にあります)
これも、もともと算数の学習の中にあったものです。

数学といってしまうと苦い思い出を引き出す方もいらっしゃるかもしれませんが、算数をベースに数学の要素も取り入れて、様々な学びをしていきます。
こんな方法で学生の時に学んでおきたかったといわれるような体験型です。

フォルメン線描画は、平面上に立体的なものも描写しています。
こちらのルームでは、数を楽しみながら、集中していくことや、脳を活性化することをいたします

こちらの算数楽ルームでは、立体的なことも体験し、指先を使ったり、リズムを取り入れて、数を楽しみながら、集中していくことや脳を活性化することをいたします。

五感を使った『感じる算数楽』になっています。

親子で参加することも可能ですが、まずは、大人になられた方に体験をしていただきたいと思っています。(スポットとして、すでに大人の方に3年間様々なワークをしてきました)
準備が整いましたので、正式にご提供させていただきます。

1回は、90分になっています。
まずは、体験してみたい方は、60分の体験版をご提供いたします。

数我苦」から「数楽」への架け橋になるルームです。

興味関心を持たれた方は、どうぞご連絡ください。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOmmylTDpwEv
実際に取り組む内容の一部を記載しています。