広がりを持つこと

 

色々つながってきました

ずーとテーマとしてあるのはアート。
絵を描いたり、音楽を楽しんだり、物を作ったり。
もちろんそれらすべても含みますが、人の中の心の栄養として大切だと思っているものです。

どんなものが手軽なのか

手軽と言うと語弊がありますが、構えないでできるもの。
日常にあるものを活用できること。
それをずーと探してきています。
クリニカルアートの素材は、日常にあるお野菜であったり、眼に触れることがある自然を扱います。
糸かけは、板(木)と糸と釘があれば大丈夫。
ゼンタングルアートは、紙とペンがあればOK
算数楽も紙と筆記具があればOK

基本的に構えなくてもできるもの。
お家の中にあるものが使えるということが私の中で大切にしたいことです。

板はちょっとないかな。しかし、手に入りやすいということ。

何を大切にしようとしているか

私の中では手先を使うことです。
私自身はどちらかというと『不器用』です。
それはコツを知らないがために、ああでもない、こうでもない。もう面倒だわっとなりやすい傾向になります。

あえて、タイプという言葉は使いません。それで分類したくないからです。

やってみたい!!という好奇心が一番だと思っています。

積み重ねて、しばらく放置しても大丈夫というのがいいのです。
根を詰めてえい!やー!と完成させるのもありですが、
まあいいかなあ。って少し間を開けることも大切です。

その間に何かひらめくこともあるし、出会うこともあります。
そんな感覚でいます。

忙しいひとほど、そのような時間と気持ちを持つことがいいのではないでしょうか。

何が始まるのか

集中しリラックスできるものをご提供します。

1つは、『糸かけ』
1つは、『ゼンタングルアート』

実はこの2つの中に共通なものがあります。
表面的には、『美』に触れることができる。
さらに奥には、リラックスの効果と集中力を体感できることです。

なんだ!そんなこと!と思われるかもしれませんが、
この要素はこの激動の時代に見失ってはいけないものであり、
身体はそれを知っているのです。

しかしながら、いろいろな場に行き、得たいと行動するのですが、
どういうわけか気を遣う関係が発生して疲れ切ってしまっている人も結構いらっしゃいます。

安心と安全が得られていないからです。

手軽で安全なアートをご一緒いたしませんか。

藤川とも子のMINDMAP/NLP/ART 

サイトにお越しの方限定特典

 

あなたの思考力が確実にアップする!
藤川とも子のメールマガジン

 

ご登録にあたっては、個人情報保護方針(プライバシーポリシー)をご参照ください

 

ABOUTこの記事をかいた人

Tony Buzan公認シニアインストラクター 【マインドマップ(TBLI/BLI/TLI)】【メモリー(TBMLD/TMLI)】【スピードリーディング(TBSLI/TSLI)】 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、 家族相談士、教育カウンセラー、財団法人関西カウンセリングセンター、上級心理臨床カウンセラー、 米国NLP協会™認定トレーナー(創始者の2人よりトレーナー資格を授与)、 米国NLP協会™認定NLPコーチ、 ニューコードNLPトレーナー&コーチ 米国ソサエティオブNLP認定プロビジョナルトレーナー、 コア・トランスフォーメーション プロビジョナル・トレーナー、 LAB Profile 認定コンサルタント&トレーナー (2010年日本で、トレーナーコースが開催された際、コーチとして参加)、(Shelle Rose Charvet "Words that change mind(影響言語で人を動かす)") 、ABH米国催眠療法協会認定トレーナー、 臨床美術士、 日本パステルホープアート協会認定(正)インストラクター、 ライブ講師